地盤調査で地震対策をしよう|被害を抑える

男の人

地下の状態を確かめる

作業員

調査の目的と対策

軟弱な地盤の上に家やビルを建てると、不同沈下を起こして建物が傾き、損壊したり使用できなくなったりすることがあります。農地を転用して宅地にしたような場合には、とりわけ注意が必要です。また日本では地震や台風などの天災が頻発し、がけ崩れや地すべりが起きやすい場所が数多くあります。こうした被害を未然に防ぐためには、あらかじめ地質調査をしておくことが重要です。地質調査は建物の安全を確保するだけでなく、石油や温泉などの地下資源を探すためにも行なわれます。また地下水の汚染を調べ、健康被害を防ぐためにも役立ちます。もし地質調査で土地の欠陥が見つかった場合には、地盤改良工事によって安全な建物を建てることができます。

調査の方法

地質調査の方法には色々ありますが、よく用いられるのはボーリング調査です。実際に地面を一定の深さまで掘って、岩石のサンプルを採取したり、杭を打ち込んで反応を見たりします。一般的な住宅の地質調査で使われるスウェーデン式サウンディングは、10メートルほどの深さまでスクリューを貫入させ、荷重をかけて、どれぐらい沈み込むかを測定します。この方法は比較的費用が安く、狭い面積でも調査できる反面、ガラなどが埋まっていると影響を受けるのが特徴です。ほかにも音波や電気を地面に流して測定する方法や、地下水を採取して分析する方法などがあり、目的に応じて使い分けられます。戸建住宅新築の際にも、ぜひやっておきたい調査のひとつです。