地盤調査で地震対策をしよう|被害を抑える

男の人

クリーンな新エネルギー

ウーマン

地域を選ばず導入可能

近年は、資源保護の観点から再生可能エネルギーへの関心が高まっています。太陽光発電を筆頭に、風力発電、地熱発電などさまざまなエネルギー供給方式が研究、あるいは導入されています。そうした自然エネルギーの活用形態の1つに、地中熱利用があります。以前は工場や道路の凍結防止など大規模な設備での利用がもっぱらでしたが、最近では個人の住宅への普及も進んでいます。地中熱利用は、地中にある熱を地上に汲み上げて利用するシステムです。地中の熱とは言っても火山熱を利用する地熱発電とは違い、地中と地表との相対的な温度差を利用するというのがポイントとなっています。そのため、極端な気象条件下にない限り場所を選ばず導入できるという特徴を持っています。

環境保護にも貢献

地面の下は大気に直接触れていないので熱が逃げにくく、1年を通じて温度があまり変化しません。そのため、夏は地上より涼しく、冬は地上より暖かくなります。この温度差に着目したのが地中熱利用のシステムです。地中熱利用では、ヒートポンプと呼ばれる設備を使って地中の熱を地上に放出します。具体的な方式としては、液体を詰めたパイプで地中と地上を連絡して循環させる、地下水を汲み上げて放流するなどがあります。地中熱の利用は、大きな省エネ効果をもたらします。何しろエネルギーは無限と言ってもいいくらいなので、空調に要する電気やガスの消費量を大幅に減らすことができます。また、排気が発生しないため、環境汚染の防止にも役立ちます。