地盤調査で地震対策をしよう|被害を抑える

男の人

安定した地盤の検査

重機

平板載荷試験は、その土地が安定した地盤かどうかを検査するテスト方法のひとつです。平板載荷試験では重機を活用してピンポイントでひとつの場所に荷重をかけ、地盤の状態をチェックします。一見すると普通の平坦な空き地に見える土地でも、実は地下水脈などが存在していることがあります。平板載荷試験では重機で土地に荷重をかけることによって、安定している土地かどうかをその場で検証することができるテストです。平板載荷試験では、地下水などが流れていて土地が不安定な場合には直ぐに結果を確認することができます。平板載荷試験では検査時に目視で状態をチェックできるためです。荷重を加えたことで、土地地盤の状態が不安定になった場合には、建物を建てる事は再検討が必要な土地であると言えるでしょう。

地盤検査を行うのが人気を集めている理由としては、建物を建てる前に土地の状態をチェックする事ができるためです。平板載荷試験は重機で荷重をかけた瞬間に土地の変形状況が目視をして知る事ができます。また検査データを数値として知る事ができるため、安定した地盤による検査結果がでた場合には、安心して建物を建てて活用する事が可能です。ただし土地とは一言で言っても、様々な状況の土地があります。例えば地層が地表部分から斜めに地下へ向かっており、その地層に沿って地下水脈が走っていた場合には地滑りが生じる事もあります。こうした斜め方向へ向かう地盤については平板載荷試験ではチェックしにくいため、検査結果や土地の状況などから判断を行う必要があります。