地盤調査で地震対策をしよう|被害を抑える

作業員

地下の状態を確かめる

作業員

地質調査は建物の安全を確保するだけでなく、地下資源の探索や地下水の汚染を調べるためにも必要です。地質調査の方法にはボーリング調査やスウェーデン式サウンディングなどがあり、目的に応じて使い分けられます。

詳細

安定した地盤の検査

重機

平板載荷試験のデータを元に、安定した地盤かどうか精密な土地検査を行いましょう。これから建物を建てる場合には、その土地が安定した地盤かどうか確認する事が大切です。土地に重機で荷重をかけて、地盤の安定性をチェックするテストが平板載荷試験です。

詳細

住宅建築は地盤が重要

地盤改良

地盤を調査する方法

住宅建築を行う場合には、建築する土地の地盤の強度が重要になります。そのため、住宅を建築する場合には、必ず地盤調査を行うことになります。一般的な地盤調査の方法としては、スウェーデン式サウンディング試験と呼ばれるものがありますが、この方法による地盤調査であれば、比較的安価に地盤の調査を行うことができます。地盤の層を直接採取するボーリング調査や振動の反射によって地盤の強度を確かめる表面波探査法などの地盤調査方法もありますが、スウェーデン式サウンディング試験であれば、建物を支えるポイントだけを調査するだけなら5万円程度で行うことができます。その分だけ精度が低くなりますが、通常の住宅建築目的であれば十分な調査結果を得ることができます。

専門業者を選ぶ

スウェーデン式サウンディング試験は一般的な地盤調査ですので、多くの調査会社で調査することができます。そのため、地盤改良を請け負う業者が地盤調査も請け負うことが少なくありません。ほとんどの会社であれば、社内のコンプライアンスの問題で、地盤調査の部署と地盤改良の部署が同じということはありませんが、同じ会社が調査から施工まで行うと、適正な調査結果かどうか適正な改良工法かどうか疑義が生じる恐れがありますので、極力調査会社は専門の業者を選ぶことが重要です。調査を請け負った会社と地盤改良の工法について十分に検討したうえで、地盤改良を請け負う業者や住宅メーカーと話すことで、より効率的な地盤改良を行うことができます。

クリーンな新エネルギー

ウーマン

地中熱利用とは、地中と地上の温度差をエネルギー源として活用するシステムです。夏は地上より涼しく、冬は地上より暖かい地中熱を地上に放出することで、電気やガスなどに頼らずに室温の調整などを行うことができます。

詳細